セキュリティ

OathのシステムおよびOathのユーザー情報の保護は、Oathのブランド、ウェブサイト、アプリ、広告サービス、製品、サービスまたは技術(「本サービス」と総称します。)の利用者に安全に本サービスをご利用いただき、また、ユーザーの信頼を維持する上でも、最重要課題となるものです。Oathは、お客様に関する情報(以下「お客様情報」といいます。)を保護するために以下の措置を取っています。

トランスポート層セキュリティ(TLS)
Oathは、金融サービス情報、支払情報などの一定の種類の情報を送信する場合に、TLS暗号を用いています。TLSセッションの間は、ほとんどのブラウザにおいて南京錠を模したアイコンが表示されます。

オンデマンドパスワード
Oathは、オンデマンドパスワードも提供しています。お客様がご自分のモバイルデバイスまたはモバイル番号をご自分のデバイスにリンクさせた場合に、Oathがお客様のモバイルデバイス宛にオンデマンドパスワードを送信することが可能となり、お客様がパスワードを記憶する必要もなくなります。

ベンダーおよびパートナー
お客様情報のセキュリティおよびプライバシーを保護するために、Oathは、機密保持契約に基づいてOathのために委託業務を行いまたはOathと協働するパートナーやベンダーに対し、情報を提供する場合があります。

教育・研修
Oathは、Oathの従業員を対象とするセキュリティに関する全社的な教育研修プログラムを実施しています。

インターネットを通じて行われるデータ送信または情報保存技術については、100%安全であると保証することはできないことにご留意ください。Oathは、引き続きセキュリティ技術・実務を評価し、向上させていきます。